第四回 その2
ねんがんの、やみのブローチを、てにいれたぞ!ヽ(*´ω`*)ノ

にア そう、かんけいないね
    ゆずってくれ!たのむ!
    ころしてでも、うばいとる


一番上以外の選択は勘弁な!FUGAKUです(;´ё`)


さていきなり雑記の出だしですがそんなことはどうでもいいです、第四回のその2を始めます。



さて、各スキルの解説を第四回のテーマとしたのですがあまりにもスキルが多いため

複数回方式でお送りしております

今回取り上げるスキルは当初の予定を変更して

回復手段

今回は主に回復手段についてです

本当のテーマはメインスキル以外のスキルを紹介しようと思ったのですが

先にコイツを始末しておこうというワケで予定変更して進めたいと思います


では、コチラへ・・・







さて、本題に入りましょう

まず回復手段についての解説です

とりあえず、さくっと纏めてみました


HP回復手段
・包帯スキル
・ポーション
・回復魔法
・物まね60 ハラキリミミック
・暗黒命令40 サクリファイスディナー
・素手スキル80 スパルタンフィスト
・自然調和40 ネイチャービート(伐採可能な木が必要)
*飲み物BUFF
*荒くれ者マスタリー

ST回復手段
・ポーション
・回復魔法
・複合スキル チェンジエナジー
・暗黒命令40 サクリファイスディナー
*飲み物BUFF
*ATHマスタリー

MP回復手段
・ポーション
*回復魔法60 コンデンスマインド
・暗黒命令40 サクリファイスディナー
・複合魔法 マジックドレイン
*飲み物BUFF
*装備品 闇のブローチ

追記
HP回復に
*強化魔法80 ウルティメイトヘルス
MP回復に
*召還魔法1 ブラッドディール
を忘れてましたアッー!


ざっと思いつく限り列挙しました・・・ゼイゼイ

多分見落としがありそうな気がします・・・グハッ

んで、頭に * を打っている項目は瞬間的に一定量を回復するというものではなく

いわゆる[回復速度上昇]というBUFFがつくものです

いままで通り ・ を打っているものは発動したら効果量分すぐ回復します

全部説明したらキリがないのでここでは





HP回復手段の代表的な三つ
飲み物BUFF
スパルタンフィスト、ハラキリ、サクリファイスディナー
マスタリー&ブローチ


に、絞って説明します






まずHP回復手段の代表的な三種

一般的にHP回復に関しては

包帯 or 薬調合

という選択を多くの戦闘職はせざるを得ません

無論メイジや精神振ってある強化戦士であれば、回復魔法以外の選択肢はないでしょう

それぞれの特徴を上げるとこんな感じ

包帯
・軽いため大量に持ち歩ける
・効果発動まで時間がある上、三回攻撃を受けると発動ミスする=DOT攻撃に激弱
・露店購入だと意外と高くつく
薬調合
・各種ポーションの効果量が増える上に自作が可能になる
・割と重いため大量に持ち歩きにくい
・材料集めが大変
回復魔法
・かかるコストが一番安い
・詠唱がある=集中が無いと攻撃受けると詠唱失敗
・ある程度の精神が必要=スキルを余分に持ってかれる

と、言ったところでしょう

んでまず、包帯の解説
包帯は軽くて材料もグラフやリスティルで手軽かつ大量に手に入るため
自分に裁縫キャラがいなくても、知人などを頼れば楽に補給が出来ます
・・・しかし、コイツを露店補給で済ませようとするとこれがまた意外と高くつきます
それに"巻き終るまでに三回攻撃を受けたら使用失敗"という仕様のおかげで
毒などのDoT攻撃に死ぬほど弱いです
特に地下水路の火ゴレや未来イプスのアイスエレメンタルなんかのような
近づいてるだけでダメが入るようなやつはもうどうしようもありません






では、薬調合はというと・・・
なんといっても効果が即時発動するというのが最大の強み、阻害も一切されないのも強み
魔法詠唱しながらでも飲めるのでGH詠唱しつつPOT飲んで回復なんて事が可能です
あとは調合スキル上げることで

POT自体を自作可能
回復量が増える
毒ビンなどの小道具も用意可能

と、いたれりつくせり
・・・しかしそんなにうまいだけの話は無くて、スキル上げにはかなりの量の材料を必要とします
材料さえあれば割と上がりやすいスキルなので苦労はしませんが、材料集めの手段を
何かしら確保しておかないと死ねます・・・
一般的にお金のかかる回復法だと思われがちですが、薬調合スキルがあると
実はそこまでお金かからない回復法だったりします

余談ですが、グレートと付く回復POT(GHPとかGSP)の回復量は
スキル0 30~40
スキル80 50~60
と、いった感じです(実体験)






最後、回復魔法

何と言っても非常にコストが安い!
最低でもND1個でHPが回復します(ND1=1g=1j)
その上回復魔法には以下のような利点も

・STも回復可能
・オール系でSTカラッケツor瀕死の状態から一発回復
・DeBUFFやDoTも剥がせる

まさに回復魔法の名にふさわしい万能ぶり
他人にも気兼ねなく使えるというのも強みです(パニッシャー相手は例外)
・・・しかし魔法の宿命で、以下のような弱点も

・詠唱阻害を食らう
・精神知力がしっかりしてないと無駄スキル
・詠唱があるため即時回復!というワケにはいかない

詠唱阻害や詠唱時間がかかるという問題は
どんな魔法でも同じ&立ち回りやIVP使用等でカバーできるのでともかくとして、
回復魔法のために無駄にスキル振る位なら素直に包帯か調合取れよって話ですね
逆に強化魔法のために精神振っている強化戦士のようなタイプには回復魔法は
願ったりかなったりですね。
大FUGAKUも神秘強化戦士なのである程度の精神と知力があります
ですので回復魔法を運用しています

地味に回復魔法の強みとして、包帯orPOTと併用できるというのがあります
調合でも書きましたが詠唱しながらPOTを飲んだり包帯巻いたりできるので併用すれば
安定感はバツグンです
回復持ちSAMなんかはまさにそんな感じで互いの穴を埋められますし、
メイジも自己保身用にGHPを数本持っておくと生存性がグッと上がります




--------------ここまで包帯/調合/回復魔法----------------







次に飲み物BUFFについて説明
飲み物には[自然回復速度上昇]というBUFFが付くものが多いです
一般的に飲まれるものは以下の通り

トマトジュース(HPLv1)
ミックスジュース(HPLv2)
ラッシー(HP&STLv1)
バナナミルク(STLv2)
ミルクティ(ST&MPLv1)
玄米茶(MPLv1)
フレーバードティ(MPLv2)

こんなところでしょうか
この手のBUFFの最大の強みは

・DeBUFF等で本来の自然回復が停止していても回復する
・行動しながらでも回復速度が変わらない
・連続使用が可能

という点でしょう
特にST回復のバナミルなんかは前衛必須の飲み物と言われています!
前衛でも神秘使いや強化戦士などはちょっとまた違って
状況に応じてMP回復も兼ねたミルクティを愛飲する人も多いですね、俺とかな
ミルクティもバナミルもレランたちの登竜門的飲み物なので供給も非常に安定しています

一方、HP回復系はいたって地味です
まぁHPはのんびり回復待ってる暇ねーよ!!!って話ですが
あるのと無いのとではたとえトマジュー程度でもバカには出来ません
ST回復も兼ねているラッシーは高コストですがタンクには非常にありがたい飲み物です
余談ですが、俺の採掘師匠"もちはだXP"師曰く・・・
「採掘紳士に許された飲み物は三つ、バナミルとミックスジュースとミルクティだ!」
だそうです(;´ё`)

最後のMP回復系はというとこれも人気の飲み物
上記したミルクティは盾や魔熟などでSTを使う魔法使いたちが愛飲していますね
あるいはSTを回復魔法に任せてフレバティ+コンデンスマインド+メディで高速回復を狙う!
と、いう人もいます
ちょっとの狩りなら手っ取り早くアルケィナのクエでもらえる玄米茶で済ます人もいたり
誰かが「アルケィナに入ると玄米茶貰い過ぎでギルドポイントカンストする」って言ってました(;´ё`)




-----------------ここまで飲み物BUFF-------------------







さて、次は各種スキルによる回復方法
その中でも代表的というか有名なのを三つ紹介



素手スキル80 スパルタンフィスト

これぞ素手が強スキルと言われる所以、チャージドフィストと並んで素手のツートップです
効果発動まで動きが止まる+若干回復まで間があるという弱点もありますが、
それを差し引いても優秀な回復スキルです
むしろコレのために素手を組み込んでいる脳筋も多いですね
某ドMタンクそもさん曰く「コレあると回復スキルいらなくなる・・・」とまで言わしめます
・・・が、やっぱ上記二つの弱点+高めのST消費のためポンポン使うわけにはいかないスキルです



物まねスキル60 ハラキリミミック

もはやネタとしての方が有名なスキル、ハラキリミミック
死亡→回収→ハラキリ→アッー!!のコンボは非常に有名ですね、俺もやりましたorz
ハラキリのギミックについて紹介

ハラキリ発動>ダメージ受ける&BUFFかかる>数秒経過>受けたダメの二倍HP回復

このダメージ受けるの段階でHPが0になると当然死にます
それと回復するまでの数秒の間、スキルやアイテムを使うなどのアクションを起こした場合
回復効果が発動しません
つまりダメージ受け損となります
そのため完全にネタ扱いですが、戦闘終了後安全なところで一息つくときは便利です
休憩しながらののんびり狩りの時は余計な資材を使わずに済むのでいいかもしれません
・・・どう考えてもスパルタンの方がいい気がしますが



暗黒命令40 サクリファイスディナー

使用者のペット、もしくは下僕を食い殺してHP/ST/MPを一度に回復できるという
何とも暗黒命令らしいダーティーなスキル
青ネームペットは死ぬだけですので蘇生は可能なのでご安心を
・・・裏を返せばウーやホムなど、デッドロストするペットに誤爆すると・・・
後はお察しください(アッー
さて、ここで重要なのは、下僕orペットが必要という事で
下僕食う→下僕タゲの敵自分に来る→アッーという目も当てられない事になりかねません
そのため、戦闘中にとっさに使うというのは難しいですね
強いて言うなら下僕食い殺して身軽になって逃げるくらいでしょうか
やはり戦闘終了後、残り時間の少ない召還生物を処理するために使うといいでしょう
それで回復して新しいのを呼べばいいだけです
・・・そういえば、物まねのミラージュミミックで出せるパンツマンこと分身たちは下僕扱い
なんですが、食えるんだろうか・・・

追記
パンツマンは現在食えないです(´ω`)ザンネン
あと、カーミラorブラム装備の胴を+4以上にすることで勝手に増える
カーミラバットを使えば戦闘中でも"ある程度は"気軽に回復可能との事です

※神ことgodspell氏&なんこつさま情報提供ありがとうございましたorz



------------------ここまでスキル-------------------





最後はマスタリー&ブローチ効果!

マスタリー&ブローチに関しては条件が特殊なので気楽に導入は出来ませんが
一応参考までに記載しておきます

荒くれ者マスタリー
・HP回復速度上昇
アスリートマスタリー
・ST回復速度上昇
闇のブローチ
・MP回復速度上昇
光のブローチ
・HP回復速度上昇

で、実際の評判ですが

アスリートマスタリーはかなり良好なようで
バナミルと併用できるという最大の強みがあるためタウントダンスを延々踊り続けられるという
ありえないST回復力だそうです

対して荒くれ者マスタリーはやはり地味なようで・・・
光のブローチもどうやらそんな感じで微妙なようです
まぁHPがガツガツ回復されたら色々とたまりませんがちと悲しい限りです
とはいえ、トマジューだけでもバカには出来んのでそこらへんと組み合わせると
輝くかも知れません!

んで闇のブローチ
これは今日手に入ったのでソロで試してみましたがかなり良好です
個人的実感としてはミルクティよりちょっと遅い程度の回復速度でしょうか
とはいえ、この程度でもコンデンスが必要なくなるくらいの効果があります



総評としてマスタリー&ブローチの最大の強みは他の回復手段と併用可能という事です
そのため条件があるとはいえ、ソレに見合った強さだと思います










ふうううううううう今回も長かったorz


では次回のその3では今度こそ


サブスキル


について説明!

例によって、期待せz(ry
[PR]
by fugaku3 | 2007-10-07 16:51 | Pre狩り研究所"基本編"



(C)2005 HUDSON SOFT / GONZO Rosso Online All rights reserved.
株式会社ゴンゾロッソオンライン及び株式会社ハドソンの著作権を侵害する行為は禁止されています。
<< 第四回 その3 第四回 その1 >>