第四回 その1
今日は休みじゃ、グフフ FUGAKUです(´ё`)ノ




さて、ちょいと間が空きましたが今回のテーマは複数構成でお送りする


各スキルの解説


です

今回はその1として、防御手段とメインスキルの解説をしたいと思います
ここでのメインスキルというのは

アタックが使用可能なスキル

となります
その辺はご了承くだしあ(´ё`)

例によって俺個人の主観の部分も多いですがこれまたご了承を



それでは、超長い文はコチラ






さて、メインスキル紹介の前に防御手段についてかるーく解説

防御手段には大きく分けて二つ





盾、回避





この二つとなります
※物まねや酩酊にも防御スキルはありますがここではちょいと割愛

長々と書くのもアレなのでさくっと纏めると



盾のメリット
・操作ミスしなければ脅威の安定性
・飛び道具や魔法すらも反射もしくは無効化可能
・スタン状態にできるため、防御後からの反撃が容易
盾のデメリット
・STが切れると無防備に
・ガードブレイク技の存在によりPvMでも安心できない
・複数の敵には意外ともろい

回避のメリット
・基本的にノンコストでSTなどに依存されない
・複数相手でも何とかなる
・行動不能状態(WoVなど)でも効果を発揮
回避のデメリット
・どんだけ上げても100%回避は不可能(理論上)
・運に左右されやすい
・種族によっては回避が上がりにくい(種族補正の問題)



こんなところでしょうか

理想としては両方持っておくに越したことはないんですが

そんな余裕ねぇ

ので、必然的にどちらかとなるでしょう

この辺は個人の趣味や目標とするスタイルによるのであまりうるさく言えません



-------ここまで防御スキル--------




さて、改めてメインスキルの解説と行きましょう!


まずは素手

素手のメリット
・問答無用の手数
・メインスキルで唯一HP回復が可能
・使い勝手のいいガードブレイク技
素手のデメリット
・一発が極端に軽い
・PvMで使えるスキルがイマイチ少ない
・手を出し続けるためST管理が苦しめ

と、軽く纏めました
素手っつーのは対人では非常に人気のあるスキルですがいかんせんPvMでは
火力不足が否めません・・・
手数の素手とよく言われますが、実際のところ

一発が軽すぎるから手を多く出さざるを得ない

というのが真実です
スキル自体も、PvMだとチャージドとジャブぐらいしか有用な物はないと思います
サムオブレジェンドを確保できるのならイリュージョンフィンガーもお勧めです
出が早く、倍率も良好なのでアリだと思います
ブラインドはPTでは封印した方が身のためでしょう・・・

あくまで、他の攻撃の補助として使うのが無難な気がします




次は刀剣です、得意武器です どうでもいいですね

刀剣のメリット
・非常に高火力
・武器自体のバランスも極めて良好
・需要が多い=供給も多い
刀剣のデメリット
・燃費が悪い
・使い勝手のいいスキルが少なめ
・範囲攻撃がほとんど無いため多数の敵に不利

アタックで使ってよしのロングソード、スキルで使ってよしのチョッパー(武器代も安め)
とまぁ、まさに前衛なら誰しも一度は手にするであろう武器の筆頭です
攻撃力の高さと仕入れのやりやすさから、これまた対人でも大人気の武器ですね

確かに強力なんですが、ST消費が多めなので調子に乗って連発するとすぐガス欠します
また、使い勝手のいいスキルがチャージドとダイイングスタブぐらいというのも困り者
「え?VB使いやすくね?」と思うかもしれませんが消費STがかなりのネックとなるのがVBです
エクセもダメージ倍率はすばらしいんですが、被ダメ二倍になるという困った代償が・・・
SSとかニューロンはもう論外コースでしょう(アッー
しかしですね、刀剣にはこれらのデメリットを受けてもお釣りが来るような夢のスキル
ソードダンスがあるんです!
レゾ技以外では唯一の範囲攻撃+ダメージ大幅軽減+軽減した分は敵に反射
これのためだけに刀剣100取っても損はまったくありません

これ一本でPvMなら充分戦いきれます、神秘との相性もバツグンです




次は槍、実はかなりの優等生・・・

槍のメリット
・攻撃のリーチが長い
・攻撃速度も極めて速い
・範囲攻撃や移動を伴う攻撃が充実
槍のデメリット
・武器の中では攻撃力が低め
・一発に欠けるため、短期決戦は割と不利
・若干クセの強いスキルも存在

とまぁ、攻撃力低いことを除けば実はかなり優秀です
特にバトルフォークは最強の武器と名高い武器ですしね!
次にスキルなんですが

ペネ、ハラキリ、ドラゴンフォールと範囲攻撃が3
ガードブレイカー(盾貫通だけでスタンは取れない)、ドラゴンテイルで盾無効が2
タイダル、ポールシフト(移動専用)で移動を伴うのが2

捨てるところほとんどありません!(ハラキリはアレですg)
そのため、手を出し続ける事で相手へのダメージを大きくすることも可能です
・・・まぁ一発が軽いんでルートやヘイト確保という点では若干弱いですがね

その辺は神秘の導入や他の武器との組み合わせで克服できます
各種魔法との相性がいいというのも強みの一つですね





次棍棒、一見すると地味ですが・・・

棍棒のメリット
・使いやすい範囲攻撃
・燃費が良好
・相手を行動不能に追い込める
棍棒のデメリット
・一発が鈍重
・攻撃力が刀剣に毛が生えた程度の差しかない
・武器自体が重い

と、実は使い勝手は良好だったりします
まずなんといってもスニーク、背後から殴らないといけませんが背後を取れば一発で
相手の動きを封じることが出来ます
魔法型の敵を逃がしたくない時に使うと非常に有効です、普通に移動しながら撃てますし
あと、一応メリットに上げた使い勝手良好の範囲攻撃ボルテですが・・・

そら前線で適当に振り回せばどれかには当たるさ・・・

って話でテキトーに使うとかえって邪魔なだけです
しかし、ノックバックを伴うというのは実は考えようによってはかなり有用で
雑魚と大物を分断する時に大活躍します、もちろんクエイクも併用しましょう
何故タンク=棍棒なのかというのはこの辺に起因するわけですね
燃費が良好なのも強みです

刀剣と同じく、これ一本でも生活できますが他の武器を組み合わせてみると
色々楽しめそうです



-------ここまで近接-------



さてさて、ここからはレンジドウェポン(飛び道具)の解説・・・

つっても所詮二つしかないんでさくっとまとめて解説

銃のメリット
・凶悪な火力とノックバック効果
・鬼デコイ"大砲"
・命中が自力でなおかつ大幅にブースト可能
銃のデメリット
・コストがシャレにならない
・弾も銃も死ぬほど重い
・攻撃型スキルがほとんどない

弓のメリット
・スキル使用による怒涛の手数&攻撃力
・自力で射程が大幅に伸びるため敵を釣りやすい
・脅威の武器性能の高さ
弓のデメリット
・距離詰められると攻撃が素手に切り替わる
・武器の最大耐久が低めなので油断するとすぐ砕ける
・ヘイトもらいやすいため、戦線が乱れやすい

と、なりますかね
銃は非常に凶悪な火力を誇ります・・・が!!
なんといっても弾のコストと重量が大問題
別キャラでもいいんで弾薬を自給できないとかなり火の車になります・・・
あと、弾の重さはレイジングかバンカーコールかを用意しないと泣けます

弓はなんといっても脅威の爆発力が武器でしょう
素手並みの手の速さで刀剣並みの高火力を叩き出します
・・・まぁ強力なのでやたらヘイトもらって敵が寄ってきます
そこでテキトーに走り回ると大変な事になるのは言うまでもないでしょう












と、おっそろしく長くなってしまいました・・・

ここらでとりあえずさくっとまとめ!



素手:あくまで補助と割り切れ、他の攻撃と合わせてナンボ
刀剣:これ一本でも充分だけどもっと上を目指すならもう一声!
槍:地味に優等生、高火力なスキルを組み合わせれば無敵
棍棒:渋く落ち着いて戦うならこれしか!他の武器と組み合わせると違った世界に
銃:高火力、高出費 やるなら充分な準備と少しの覚悟を
弓:矢連射すりゃいいってモンじゃない・・・



こんなところでしょうか



次回はその2として

サブスキル(攻撃編)

行ってみたいと思います

例によtt(ry
[PR]
by fugaku3 | 2007-10-04 13:55 | Pre狩り研究所"基本編"



(C)2005 HUDSON SOFT / GONZO Rosso Online All rights reserved.
株式会社ゴンゾロッソオンライン及び株式会社ハドソンの著作権を侵害する行為は禁止されています。
<< 第四回 その2 真夜中の珍事 >>